> 2009年ニュース>2009年8月15日のニュース
  | | 2009年ニュース | 2008年ニュース | 2007年ニュース | 2006年ニュース | 2005年ニュース | 2004年ニュース | 2003年ニュース | 2002年ニュース |
  “ボランティア”と向き合うことの多いあなたのためのファシリテーション講座 参加者募集【情報提供】

ボランティアと向き合うことの多いあなたのためのファシリテーション講座

特定非営利活動法人日本ボランティアコーディネーター協会(JVCA)では、ボランティアと向き合い、ともに事業やイベントをすすめる皆さんに贈る日本でただひとつのボランティア担当向けにアレンジした“ファシリテーション講座”への参加者を募集しております。

[ファシリテーション]はいまや時代のキーワード
役割上、人と人との間に立って調整したり、相手の思いを聞き出したり、やる気を引き出したり・・・“もっとうまくできたらなあ”と思う数々のシーン。自分を磨き、実践力を磨くために、この講座を受けてみませんか?
相談や日常の関わりに役立つワークを交えて、ファシリテーションを学びましょう!

1.日時
2009年9月26日(土)10:00〜17:00

2.会場
COMBi本陣S205会議室(名古屋市中村区松原町1−24)
※JR名古屋駅から、地下鉄東山線で2つめ「本陣駅」下車 徒歩2分

3.講師
加留部 貴行氏

(日本ボランティアコーディネーター協会運営委員長/日本ファシリテーション協会会長)

4.定員
30人

(恐れ入りますが、ワークの都合上、これが上限です。定員になり次第、締め切りとさせていただきます)

5.受講料
●一般 12,000円(消費税込) 
●日本ボランティアコーディネーター協会会員  9,000円
  ※JVCA正会員・準会員 

6.内容
(0)ボランティアと向き合うためのファシリテーションとは
ボランティアと向き合う時に役立つファシリテーションの視点は、どんなものがあるのでしょうか?

(1)「アイスブレイク」で共有する 〜つなげるための準備作業
アイスブレイクといってもそのタイプ、目的はいろいろ。実際に気持ちがほぐれ、つながりができる過程を体験しましょう。

(2)「対話」で共感を得る 〜つながるための確認作業
ボランティアと、1対1で向き合う場面は結構ありますよね。あらためて話してみると、聴いてみると・・・。

(3)「可視化」で共働する 〜つながりを実感する
日頃どんな人と組織とつながっていますか、つながっていませんか。書き出してみると意外な傾向や強み・弱みを再発見!

(4)「相互理解」で共創を目指す 〜つながりを継続化する
理解してもらうためには相手のニーズやペースに合わせることが大事、わかってもらうための言葉づかい、言葉づくりをしてみましょう。

(5)さらなる実践へのアプローチ
人々が出会って、共有して、共感するのは時間がかかります。そのプロセスを大切に、ていねいなコーディネーションを!

7.お申し込みについて
◆次のいずれかの方法でお申込ください。
(1)次の必要事項を記載し、日本ボランティアコーディネーター協会事務局までe-mailまたはFAXでお送り下さい。


【ファシリテーション講座 申込みフォーム】

●氏名(フリガナ)

●所属団体(あれば)

●受講票の送付先 ⇒ □自宅 □所属先
  郵便番号
  住 所

●連絡先
  TEL
  FAX
  E-mail

●参加動機、本講座に期待すること

●JVCA会員の場合 ⇒□JVCA正・準会員  


(2)下記のチラシ(PDFファイル)または(Wordファイル)をダウンロードし、必要事項を記入し、日本ボランティアコーディネーター協会までFAXまたはE-mailでお送りください。

“ボランティア”と向き合うことの多いあなたのためのファシリテーション講座(PDFファイル)
“ボランティア”と向き合うことの多いあなたのためのファシリテーション講座(WORDファイル)

8.主催
特定非営利活動法人日本ボランティアコーディネーター協会(JVCA)

9.後援
特定非営利活動法人愛・地球博ボランティアセンター

10.協力
特定非営利活動法人ボラみみより情報局

【お申込・お問い合わせ】
特定非営利活動法人 日本ボランティアコーディネーター協会(JVCA)

東京都新宿区神楽坂2-13 七福ビル32号室 03-5225-1545
FAX03-5225-1563
E-mail:jvca@jvca2001.org (@を小文字に変えて送信してください)


PDFファイルをご覧頂くには Adobe Adobe Reader が必要です。