> 2003年ニュース > 2003年9月25日のニュース
  | | 2006年ニュース | 2005年ニュース | 2004年ニュース | 2003年ニュース | 2002年ニュース |
  愛・地球博市民参加フォーラム開催

「愛・地球博」の市民参加についての理解を深めることを目的とした「愛・地球博市民参加フォーラム」が、9月5日(金)に中区役所ホールで開催され、約500名の方が出席されました。
小川巧記市民交流プラザコーディネーターより「愛・地球博の概要」についての説明のあと、愛・地球博の市民参加事業担当者によるパネルディスカッションが行われました。 また、オープニングとしてフルートとピアノによる愛・地球博イメージソング「I'll BE YOUR LOVE」の演奏や、応援ステージとして中尾貴子フラメンコスタジオ「ヒラソル」によるフラメンコダンスなども行われました。

日時
場所
来場者
主催
共催
後援
連携協力
協力
2003年9月5日(金)午後1時30分開演 午後4時終演
中区役所ホール(名古屋市中区栄4-1-8 地下2階)
約500名
愛・地球博ボランティアセンター
名古屋市
愛知県
(財)2005年日本国際博覧会協会
EXPO2005地球市民の会

内容
【オープニング】
愛・地球博イメージソング『I’ll BE YOUR LOVE』の演奏
<ピアノ>
<フルート>
:吉田あかね
:井元町子


市民参加フォーラムの様子(フルート・ピアノの演奏)
画像をクリックすると拡大します
ピアノ吉田あかねさん、フルート井元町子さんによる、愛・地球博イメージソング『I’ll BE YOUR LOVE』の演奏が行われました。 会場には美しい音色が響きわたり、約500名の来場者が魅了されました。

【第1部】
愛・地球博の概要 『私たちの愛・地球博』
<講師>:(財)2005年日本国際博覧会協会 市民交流プラザコーディネーター 小川 巧記
小川コーディネーターによる説明
画像をクリックすると拡大します
舞台上のスクリーンにて「愛・地球博」のイメージビデオの上映をしたあと、講師・小川巧記氏による講演が行われました。なぜ国際博覧会に市民参加が必要なのかということを、19世紀からの博覧会を具体例に説明し、21世紀は「個人」の威力を見せる博覧会を目指していることを主張されました。また、愛・地球博の全体概要、市民参加事業などをスクリーンの図式を用いて説明されました。

【第2部】
パネルディスカッション 『愛・地球博市民参加について』
<コーディネーター>
愛・地球博ボランティアセンター
EXPO2005地球市民の会

<パネリスト>
(財)2005年日本国際博覧会協会
(財)2005年日本国際博覧会協会
愛知県国際博推進局参加出展課
名古屋市総務局国際博覧会推進部
愛・地球博ボランティアセンター
副会長
執行委員長


市民参加促進グループ長
催事グループ長
主幹
主幹
事務局長

國分 孝雄


鈴木 直彦
星 孝一
中野 秀秋
渡部 智恵
白木 勝久


<市民コメンテーター>
洋画家 田村 能里子
 
市民参加フォーラムの様子(フォーラム)
画像をクリックすると拡大します
市民参加フォーラムの様子(フォーラム)
画像をクリックすると拡大します
市民コメンテーターとして出席された洋画家の田村能里子さんの紹介ビデオを上映(約2分)したあと、愛・地球博の市民参加関連事業のパネルディスカッションが行われました。はじめにコーディネーター・國分氏が前出の小川氏の話に補足する形で全体概要などを説明した後、各パネリストがそれぞれの活動を説明し、田村能里子さんは「思ったより皆さん力が入っていることを知った」など感想、意見を述べられました。

【第3部】
愛・地球博応援ステージ
中尾貴子フラメンコスタジオ『ヒラソル』

市民参加フォーラムの様子(フラメンコの様子)
画像をクリックすると拡大します
中尾貴子氏さんが率いるダンサーによるフラメンコの公演が行われました。音楽はギター・今田央氏、カンテ(歌)・有田圭輔氏による演奏で、迫力のあるダンスと音楽に多くの来場者が圧倒されました。
市民参加フォーラムの様子(ブースの様子)
画像をクリックすると拡大します
※当日は受付横のスペース「ホワイエ」にて展示コーナーを設置し、8月3日に開催されたパートナーシップ事業「愛・地球博ダンスフェスティバル」のビデオ上映や、日本刺繍紅会やクラフトの作品が展示され、来場者が足を止めて見入っていました。
ボランティアと田村能里子氏との記念撮影
画像をクリックすると拡大します
※終演後はホール入口付近にモリゾー、キッコロが登場し、来場者と一緒に記念撮影するなど賑わいました。

関連項目